グルコサミンとコンドロイチンの違い

1034999

膝の曲げ伸ばしをする際に痛みや違和感を感じる場合、関節痛を引き起こしているかもしれません。

関節痛対策として有名なのが、「グルコサミン」と「コンドロイチン」この2つの成分です。

グルコサミンとコンドロイチンの違い

13303134

グルコサミンは、糖とアミノ酸が結合されて生成されたアミノ糖の一つになります。

人間の軟骨にあることは良く知られていますが、他にも爪や、お肌、靱帯などにもあります。

グルコサミンというアミノ糖は、軟骨を構成するプロテオグリカンと呼ばれる成分を生成するための原料となります。

関節が動くときに軟骨がクッションとなってくれます。

 

グルコサミンには軟骨の再生を促進する働きがある

年齢を重ねたり、激しい運動により、徐々に軟骨は擦り減ってしまいます。

軟骨が擦り減ると、少しずつ骨同士がぶつかってしまい違和感や、痛みを生じてしまいます。

グルコサミンは、関節の骨同士が接する部分を強化し、擦り減った分を修復して、再生する働きを促進させる作用がある言われています。

そして、変形性関節症といった関節痛の症状を改善させたり、炎症を抑えたりする効果が期待できる成分です。

関節が健康な状態を維持することによって、痛みを伴わない動作をできるようにしてくれます。

 

コンドロイチンは関節部分に潤いを与えて弾力性のある関節に

コンドロイチンは、ムコ多糖類という細胞と細胞を繋いでいる組織の一種です。

軟骨はもちろんのこと、靱帯や、お肌、角膜、眼球にも含まれている成分です。

コンドロイチンは、関節の骨同士が接する部分に潤いを与えて、弾力性のある関節にしてくれるプロテオグリカンに含まれている成分の一種として重要な役割を果たしています。

そして、グルコサミンとは違い、血管が張り巡らされていない関節の骨同士が接する部分に水分と一緒に栄養も届けて、老廃物を関節から排出してくれる作用があります。

そして、コンドロイチンは関節痛の症状を予防したり、改善させしたり、カルシウムが代謝するのを支援して骨が成長するのをサポートしたりします。

 

グルコサミンとコンドロイチンは関節痛に効果があります

19475135

グルコサミンは膝の痛みや関節痛に効果がある成分として有名で、これを使ったさまざまなサプリメントも販売されています。

グルコサミンは軟骨の生成を促進する成分で、これによって関節をスムーズに動かすことが可能になり、軟骨の修復や再生も行われます。

しかし、この大切な成分は年齢と共に体内で生成られる量が減っていき、このために加齢と共に膝の痛みや動かしにくさなどが生じやすくなります。

これを防ぐためには、グルコサミンを外から補うことが必要となってきます。

 

グルコサミンはサプリメントからの摂取がおすすめ

グルコサミンはエビやカニなどの殻や山芋、フカヒレなどに含まれています。

しかし、このような食品だけでは1日の適量とされる1500mgの摂取は難しいため、サプリメントを利用することをお勧めします。

サプリメントには、必要量を十分にかつ効率的に摂ることができるという利点があります。

それだけではなく、サプリメントによっては相乗効果のある他の成分も一緒に含まれています。

 

コンドロイチンとグルコサミンの同時摂取で相乗効果が期待できる

グルコサミンと一緒に摂取すると相乗効果があるのがコンドロイチンです。

グルコサミンは、アミノ糖の一種で、軟骨の主成分であるプロテオグリカンを作る働きを持っています。

コンドロイチンは、ムコ多糖類の一種でプロテオグリカンを構成する成分となっています。

そして、コンドロイチンには、軟骨に水分や栄養を運び、さらに老廃物を排出するという作用があります。

これによって若々しさが保たれ、スムーズな歩行が促進されると考えられます。

 

コンドロイチンも食品と合わせてサプリメントの利用がおすすめ

コンドロイチンを含む食品としては、納豆わかめなどがあります。

しかし、コンドロイチンも食品だけでは十分に摂ることの難しい成分なので、サプリメントの利用が有益です。

そして、グルコサミンとの相性が非常に良いため、この2つを配合したサプリメントも販売されています。

関節のスムーズな動きを促進し、生き生きとした毎日を過ごすためにも、このサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。

 

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果を期待するなら効率的に摂取しよう

17063753

階段の上り下りが億劫になる、また膝の曲げ伸ばしをする際に痛みや違和感を感じるという場合、もしかしたら関節痛を引き起こしているかもしれません。

関節痛は名前のとおり、関節に痛みを感じるのが特徴です。

関節部分には動かしやすいよう軟骨がありますが、この軟骨が加齢や過度なスポーツなどにより擦り減ってしまう事で、関節を動かした時に痛みや違和感を感じるようになります。

関節痛対策として特に有名なのが、「グルコサミン」と「コンドロイチン」この2つの成分です。

 

プロテオグリカンを作り出すのが「グルコサミン」

グルコサミンは、軟骨を作る原材料となるプロテオグリカンを作り出すのが特徴です。

軟骨がすり減ったままだと関節を動かした時に、骨と骨がぶつかり合い違和感や痛みを覚えます。

軟骨を作る元となるグルコサミンを補う事で、健康な軟骨をキープする効果が期待出来るのです。

また、この成分には軟骨を強化するという、働きもあると言われて言います。

 

軟骨の水分をキープしクッション性を高めるのが「コンドロイチン」

コンドロイチンは、軟骨の水分をキープしクッション性を高める働きがあります。

クッション性がたもたれる事で関節を動かした時の衝撃から、関節を守ってくれるのです。

この他に軟骨の破壊自体を抑制する作用もあると言われています。

 

グルコサミンとコンドロイチンは同時に補う

グルコサミンとコンドロイチンは、どちらか1つずつ補うのではななく同時に補う事がおすすめです。

一緒に摂る事で相乗効果により、さらに関節痛対策の効果が期待出来ます。

食事からだけでは、摂取しにく成分のため、サプリメントで摂取する事が効率的です。

グルコサミンとコンドロイチン、どちらも配合されている商品なら相乗効果も期待でき、しかも効率的に補えます。