コンドロイチンサプリメントの摂取量の目安はどのくらい?

1035183

関節痛に効果的なコンドロイチンのサプリメントについて、その摂取量と効果的な摂取方法についてご紹介します。

また、サプリメントを摂取する際の注意点もご紹介します。

コンドロイチンサプリメントの摂取量の目安はどのくらい?

bdbb0c389ec98c300ebe266cc1f86783_s

コンドロイチンの1日の摂取量は明確に定められているわけではありませんが、試験結果に基づく推奨量としては1日800㎎以上が必要だとされています。

コンドロイチンの効果を実証するための臨床試験では1000~1200㎎のコンドロイチンの摂取を条件としています。

また、体重によっても摂取量が変わってきます。

54㎏以下で1000㎎、55~90㎏以下で1500㎎、91㎏以上で2000㎎を目安にすると良いでしょう。

 

サプリメントに記載の摂取量を守るようにしましょう

試験結果に基づく推奨量をサプリメントで摂取しようとすると、1日分で10カプセル以上など、大量の摂取をしなければいけなくなってしまう可能性があります。

あくまでこれらの量は医学的に治療のための目安であり、日常的に摂取する量ではないとも言われています。

これらの量は目安としておき、サプリメントに記載の摂取量を守るようにしましょう。

 

効果を実感するまでには時間がかかる

コンドロイチンの効果が実感できるまでの時間は、早い人で2週間ほど、遅い人では数か月かかると言われています。

最低でも3か月ほどは継続して飲み続けることが、効果があるのかないのかを判断する目安となります。

一度サプリメントとして服用すると、保水力の持続時間は長いと言われていますが、一度に1日分の摂取量を摂取してしまっても身体に吸収することができる量はあまり多くありません。

朝、昼、夜などの食事のタイミングに、複数回に分けて服用することで身体に対しての吸収率が上がるので効果的だと言われています。

 

コンドロイチンのサプリメントの副作用と注意点とは

487ad9ce4f27bc6eb8997dab203cfe5e_s

関節痛に効果的なコンドロイチンの1日あたりの摂取量は400~1200mg程度とされています。

但し、体重によって摂取量が変わってくることもあります。

コンドロイチンは、人間の体内に存在する物質のため、大量に摂取してもすぐに副作用のような症状が出てしまうものではありません。

しかし、たくさん摂取しても効果がアップするわけではないという注意点があります。

関節の痛みは辛いものですし、できるだけ早く治したいという人もいるでしょう。

しかし、関節の痛みというのはすぐに治るわけではありません。

一度にたくさん摂取しても、体にとって不要な分はそのまま排出されてしまうので意味がありません。

サプリメントを利用する場合は、1日の摂取量をきちんと守るようにしましょう。

 

1日に2~3回に分けて摂取していくことがポイント

摂取する回数もポイントであり、1日に2~3回に分けて摂取していくことがポイントです。

複数回に分けることで、効果的に成分を吸収することができるでしょう。

飲み忘れにも注意が必要であり、継続して摂取していくことで高い効果を実感できるのです。

ちなみに、コンドロイチンは体内で作られる成分なので安全性が高いとされていますが、副作用が起こってしまうこともあります。

 

胃腸の弱い人や食物アレルギーがある方は注意しましょう

皮ふの発疹や痒み、下痢、便秘、胃の不快感などの症状が出てしまった場合、摂取量を減らすようにしましょう。

また、食後に服用することで副作用のリスクを低下させることができます。

また、カニやエビなどの甲殻類を原料としたサプリメントの場合、魚介類アレルギーを持っている人は摂取を控えた方が無難です。

植物を原料としたコンドロイチンのサプリメントなどもあります。

サプリメントの成分を確認し、体質に合ったものを選ぶように注意しましょう。

また、妊娠中の人や子供なども服用を控えた方が良いでしょう。