コンドロイチンのサプリメントの選び方のポイントとは

6956359

コンドロイチンは、グルコサミンと共に、中高年に人気のサプリメントです。

関節の痛みを改善したり、肌や髪、目のうるおいを保つとして、人気があります。

その気になる摂取方法やサプリメントの選び方についてご紹介します。

コンドロイチンのサプリメントの選び方のポイントとは

6994791

最近ではコンドロイチンという成分が注目されており、雑誌やテレビCMなどで名前を聞いたことのある人も多いでしょう。

しかし、実際にはどのような成分なのかよく知らないという人もいるかもしれません。

コンドロイチンは、軟骨に多く含まれているという特徴があります。

体内でコンドロイチンが減少してしまうと、軟骨の弾力性水分が減少してしまいます。

その結果、関節の痛みや炎症が発生しやすくなります。

コンドロイチンを摂取することで軟骨の摩り減りを抑えることができ、関節痛の緩和が期待できます。

 

コンドロイチンはウナギや山芋、フカヒレ、納豆などに多く含まれている

コンドロイチンには、肌の保水性や弾力性を与える効果があります。

また、骨の成長を助ける効果やアンチエイジング効果なども期待できるということです。

人体にとって、非常に有用な物質ということで多くの人から注目を集めています。

コンドロイチンは体内でも作られる成分ですが、年齢を重ねるごとに作られる量は少なくなってしまいます。

コンドロイチンはウナギや山芋、フカヒレ、納豆などに多く含まれていますが、このような食材を毎日のように摂取するのは難しいでしょう。

そこで効率よく摂取したいと考えているならサプリメントを利用するのがおすすめです。

 

吸収率の高い動物性のサプリメントを選ぶと良い

コンドロイチンサプリメントの選び方のポイントとしては、有効成分の吸収率が挙げられます。

単純に含有量が多くても、きちんと吸収できなかったら意味がありません。

コンドロイチンには主原料が植物性動物性という2つのものがあり、動物性の原料を使っているものの方が吸収率が高くなります。

そのためアレルギーなどがない場合は、吸収率の高い動物性のサプリメントを選ぶと良いでしょう。

また、他の栄養素が入っているかどうかも選び方のポイントです。

グルコサミンやコラーゲンなどと一緒に摂取することで効果がアップするということです。

コンドロイチンサプリメントの効果的な摂取方法と飲むタイミング

16573466

コンドロイチンは、グルコサミンと共に、中高年に人気のサプリメントです。

関節の痛みを改善したり、肌や髪、目のうるおいを保つとして、人気があります。

 

コンドロイチンの働き

コンドロイチンは、軟骨に存在する成分で、軟骨の水分をキープする働きがあります。

これによって、軟骨の動きや弾力性を高めるのに役立ち、また、軟骨を分解する酵素を調節したり、コラーゲンを新鮮に保つ役割も担っています。

そのほかにも、軟骨だけではなく、体の中の臓器や皮膚、粘膜にもコンドロイチンは存在し、水分を引き寄せる働きをしています。

コンドロイチンは、人間の軟骨の約30パーセントを占める重要な成分で、さまざまな動植物に存在している、粘り気の元となっている成分です。

皮膚や角膜、粘膜などの構成成分でもあり、軟骨にとくに多く含まれています。

 

コンドロイチンはサプリメントでの摂取が効率的

コンドロイチンのサプリメントを摂取することは、関節痛の緩和や炎症の抑制など、軟骨の老化から発生するさまざまなトラブルの解決に効果的です。

効果的な摂取方法は、1日1000mg~1500mg程度をサプリメントで摂取するのが効果的です。

特に副作用は報告されていませんが、喘息や前立腺ガンになった経験がある人は、症状が悪化したり、再発のリスクをあげるデータもでています。

摂取する際は、医師に相談する必要があります。

市販されているサプリメントは、医薬品ではなく健康食品という位置づけになり、副作用はほとんど起こりません。

ただ、過剰摂取してしまうと、下痢や便秘などの胃腸不良を起こしてしまうことがあるので、注意が必要です。

 

毎日忘れずに同じタイミングで飲むとよいでしょう

せっかく飲むのであれば、効果的な摂取方法を知っておいた方がよいでしょう。

推奨されている摂取方法やタイミングは、商品によってことなりますが、1日1回飲むのがよいものもあれば、1日3回に分けて飲むというのもおすすめです。

一番重要なことは、毎日忘れずに飲むようにすることで習慣づけて同じタイミングで飲むのがよいでしょう。

食後に飲んだ方が、胃に負担をかけないのでおすすめです。

サプリで関節痛対策!コンドロイチンサプリ総合ランキング

▼コンドロイチンサプリを選びたいなら♪▼コンドロイチンサプリメント>>コンドロイチンサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<