コンドロイチンとグルコサミンの違いと摂取方法は

年齢を重ねると膝の曲げ伸ばしや、階段の上り下りが辛いと感じることが多いでしょう。

これは関節の軟骨がすり減ることで起こると言われています。

この軟骨の生成に有効であるコンドロイチングルコサミンについて、その働きの違いや摂取方法についてご紹介します。

《目次》

コンドロイチンとグルコサミンの違いと摂取方法は

14419428

年齢を重ねると膝の曲げ伸ばしや、階段の上り下りが辛い・・・と感じる方が増えてきます。

このような関節痛の症状は、関節部分にある軟骨がすり減ることで起こると言われています。

関節を動かした際、軟骨のクッション性が高ければ動かした時の負荷を吸収し、痛みを感じるという事はありません。

しかし、加齢により軟骨の再生が上手く行われなくなると、クッション性が少なくなり関節を動かした時に、骨と骨がぶつかり合う事で痛みや違和感を感じるようになるのです。

 

関節痛対策で注目されている「コンドロイチン」と「グルコサミン」

このような辛い症状を起こす関節痛の対策法として、注目されているのが「コンドロイチン」と「グルコサミン」です。

ドラッグストアで販売されている関節痛対策のサプリメントにも、多く含まれている成分ですのでご存じの方が多いでしょう。

ただ、この2つの成分がどんな働きをするのか、違いを知らずに服用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

コンドロイチンは軟骨の水分をキープする働き

まず、コンドロイチンという成分には、軟骨の水分をキープするという働きがあります。

軟骨に十分な潤いがあるとクッション性が高まり、関節を動かしやすくなるのです。

また、関節を動かす際に潤滑油のような働きを、コンドロイチンは行うと言われています。

 

グルコサミンは軟骨を作る主原料になる

もう1つの成分、グルコサミンは軟骨を作る主原料となるのが特徴です。

軟骨はプロテオグリカンという成分が主原料となるのですが、グルコサミンはこのプロテオグリカンを作る為に必要な成分です。

意識して補うことで擦り減ってしまった軟骨を、再生する効果が期待出来ます。

 

グルコサミンとコンドロイチンの相乗効果

グルコサミンで軟骨の主原料となる成分を作り、コンドロイチンで軟骨の水分をキープすることで、相乗効果が期待できます。

同時に2つの成分を摂取することによって、関節痛対策が効果的に行えるでしょう。

2つの成分は食事から補うことが難しいため、摂取方法はサプリメントなど健康食品を活用するケースが一般的です。

サプリメントで摂取すれば、毎日手軽に必要な量を補えるので便利です。

関節痛とは。その症状、原因、治療と予防。

12981513

座っていて急に立ち上がろうとしたとき急に正座をしようとしたときなど、若い時に比べて動きがスムーズではなくなってきたと思いませんか。

また、朝起きた時に首や肩が痛かったり、しびれていたり、指が曲がりにくかったりしませんか。

日常のいろんな疲れや心配事などでも体は調子が崩れるものですが、加齢による原因の可能性は高いものです。

自分の体の声に耳を傾け、少しでも楽に過ごしていけるように対処していきましょう。

 

関節痛の予防例

継続的な軽い運動も効果的です。美味しいものを時々食べに行くなどの気分転換も効果的です。

そして、体から減少している軟骨成分を補うのも必要なことです。

代表的なものとして、グルコサミンコンドロイチンを摂取するとよいでしょう。

食品では山芋などのネバネバした食品に多く含まれています。

しかし、この成分は食品からだけでは十分な量を摂取することが難しいため、サプリメントを利用するとよいでしょう。

 

関節痛の予防と対処をして明るい毎日を過ごしましょう

関節痛とは、症状が出るとあちこち痛くて毎日の生活が不便になっていきます。

簡単なことが大変なことに変わってしまいます。仕事にも支障が出てきます。

ぜひ予防と対処をしっかりと行い、健康的な明るい毎日を過ごしていただきたいです。

関節痛は、誰でも早かれ遅かれやってくる症状です。

若いうちから予防しておくと安心です。

周りの協力やいたわりも、本人の元気が出る源になりますから家族でささえあっていきたいですね。

誰しも通る道ですから消極的になることなく、できる限り積極的な前向きな気持ちで過ごしていきましょう。

グルコサミンが不足すると危険、摂取するべき人の特徴とその効果

14949303

グルコサミンは、今では一度は聞いたことがある成分となりました。

健康志向が非常に高まり、メディアでも健康食品の宣伝が増えたことによる効果でしょう。

 

グルコサミンはクッションの役割を果たしている

グルコサミンは、軟骨の形成をサポートするクッションのような役割を果たしています。

この働きにより、関節の動きがスムーズになり体の曲げ伸ばしを助けています。

その他にも、血流促進の効果やヒアルロン酸の原料にもなっていることもあり、美容効果もあります。

 

加齢によりグルコサミンが不足する

しかし、加齢によってグルコサミンが不足すると、関節痛を引き起こしたり、曲げ伸ばしに支障がでます。

不足した場合に、発症する主な病としては、変形関節症歩行が困難な状態になるということも十分に考えられます。

予防のためには、やはりグルコサミンを摂取することが非常に大切でしょう。

 

摂取するべき人の特徴は年齢とひざに違和感がある人

特に、摂取するべき人の特徴としては、自分自身の年齢が気になり始めた方が対象となります。

関節の不具合を感じる方は、やはり圧倒的に高齢者の割合が高いです。

また、若い方でも両ひざに違和感を感じる方です。

ひざは、全体重を支えているため、体の負担が大きく、不具合を感じやすい部分でもあります。

もし違和感を感じたら、原因の一つにグルコサミン不足を疑ってみましょう。

 

グルコサミンは海藻類や山芋、納豆などに豊富に含まれている

この必要不可欠であるグルコサミンの摂取ですが、食品から摂ることが可能です。

多く含まれる食品は海藻類、山芋や納豆などのネバネバ成分が豊富に含まれているものです。

しかし、これらの食品を毎日摂るのは、なかなか難しいでしょう。

そこで、気軽に摂ることができるサプリメントがお勧めです。

現在店頭には、様々な種類のサプリメントが販売されています。

そのため、自分に合う商品を見つけるのは大変かもしれませんが、まずは気に入った商品を一定期間試し、継続してみることをお勧めします。

お悩みの場合には、薬剤師に相談してみましょう。

コンドロイチンの効果や不足すると起きる事、摂取するべき人の特徴など

1091253

コンドロイチンとは、人の骨の骨の間にある軟骨の主成分であり、スムーズな関節の動きをサポートしています。

また、豊富な水分を含むので、肌のツヤやハリにもコンドロイチンが欠かせません。

 

コンドロイチンは年を重ねるごとに減少する

コンドロイチンは人の体の中に元々存在するものですが、年を重ねるにつれて減少していきます。

また、軟骨などが磨り減ることによっても減少していくので、たとえば激しい運動を定期的に行っている人や、忙しく動き回る仕事をしている人は、特に減少のスピードが速いでしょう。

そのため、積極的に摂取するべき人の特徴としては、上記のような生活を送っている人や、年を重ねた人などが当てはまるでしょう。

 

コンドロイチンが不足すると関節炎、肌荒れ、老化現象も

コンドロイチンが不足すると、まず、真っ先に発症しやすいのが、関節炎腰痛四十肩などです。

関節の軟骨が減っているので、骨と骨が直接摩擦することによって痛みを発症します。

程度によっては、日常生活にも支障が出てしまうので、速やかに補給を開始したり、医療機関や整骨院などで治療するなど、対策を行うとよいでしょう。

次に、肌荒れ老化現象です。

肌に含まれるコンドロイチンの含有量が減ってしまうと、ツヤやハリが無くなり、老けて見られることが多くなってしまいます。

 

アンチエイジングとしてコンドロイチンを摂取する

ここでの対策としては、コンドロイチンはもちろんのこと、保湿などに効果のあるグルコサミンコラーゲンなども同時に摂取すると効果的です。

摂取するべき人の特徴は先程述べましたが、アンチエイジングという意味では、若い人でも積極的に摂取するべきといえるでしょう。

コンドロイチンは、主にサプリメントなどで補うことになりますが、体への吸収や摂取量を意識することが大切です。

サプリメントに記述されてい服用量を守って摂取するようにしましょう。

グルコサミンとコンドロイチンの副作用と薬との相性

20836714

歩いている時に膝や股関節の痛みを感じるようになったら、足腰に悪い歩き方を矯正するだけでなく、軟骨をケアする事も意識しなければいけません。

もし歩き方を矯正する事ができたとしても、弱ってしまった軟骨を放置していては、すぐに痛みが再発してしまう可能性もあります。

 

軟骨ケアにはグルコサミンとコンドロイチン

その軟骨のケアのために使われているのが、グルコサミンコンドロイチンという成分で、今では高齢者だけでなく若い方々も二つの成分を頼りにするようになりました。

スポーツの練習を頑張っていると、それだけで軟骨がダメージを受けてしまいますから、運動が終わった後にグルコサミンとコンドロイチン入りのサプリメントを服用する人も多いです。

それだけ頼りにされている成分なのですが注意点もあり、あまりにも成分を摂取し過ぎてしまうと、過剰摂取による副作用が起きてしまう可能性もあります。

 

消化器系が弱い人は胃痛、吐き気の症状に注意が必要

グルコサミンとコンドロイチンの副作用の中で最も多いのが、胃痛吐き気などの消化器に起きる症状です。

元々胃が弱いという人は、過剰摂取とされる摂取量を超えなくても、吐き気の症状が発生する可能性もありますので注意しましょう。

二つとも安全性の高い成分ですから、胃痛や吐き気がした段階で摂取を中断してすれば、命に関わるような問題は起きにくいです。

 

抗凝固薬を服用している人は医師に相談を

ただし、喘息や前立腺がんなどの症状に苦しんでいる人は、抗凝固薬の作用をコンドロイチンが阻害する可能性もあるので注意をしましょう。

まず、医師にサプリメントを服用しても大丈夫なのか確かめ、服用量を決めるようにしましょう。

抗凝固薬を服用している人であったとしても、サプリメントを摂取するタイミング次第では、問題がまったく起きないという人も多いです。

軟骨をケアするためには必要な成分ですから、必要最低限の摂取量だけでも、サプリメントで日常的に摂取しておく事をおすすめします。

若いうちから軟骨をケアしておく事が、健康的な老後の暮らしを守るためにも必要だと考えましょう。

サプリで関節痛対策!コンドロイチンサプリ総合ランキング

▼コンドロイチンサプリを選びたいなら♪▼コンドロイチンサプリメント>>コンドロイチンサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<

グルコサミンとコンドロイチンについて

  • グルコサミンとコンドロイチンの違い

    膝の曲げ伸ばしをする際に痛みや違和感を感じる場合、関節痛を引き起こしているかもしれません。 関節痛対策として有名なのが、「グルコサミン」と「コンドロイチン」この2つの成分です。 《目次》1 グルコサミンとコンドロイチンの […]

  • グルコサミンとは?その特徴と体内での働き、軟骨の生成に関係

    年齢とともに発生する膝の痛みや関節痛は、骨と骨の間にある軟骨が減ってしまうことで発生するといわれています。 その対策として有効なグルコサミンとコンドロイチンについて、その働きと特徴についてご紹介します。 《目次》1 グル […]